ワクチン「3回接種」のメリット・デメリット 4回打った人はどうなった?

 新型コロナウイルスのワクチンを2回接種したあとに感染する「ブレイクスルー感染」が報告されているという。そうしたことからワクチンの製造元である米製薬大手ファイザーが提唱するのが、「3回目」の接種だ。 【写真】肩の皮膚と垂直に注射針がある(刺さっていない)正しい筋肉注射の実演。角度は約90度

 7月末にファイザーは、3回目の接種は2回目の後と比べ、18~55歳の若年層で5倍、65~85歳の高齢者層では11倍、デルタ株に対する抗体が多くなるとのデータを公表した。さらに同社幹部は、「2回の接種完了後、半年から1年以内に3回目の接種が必要になる」との見通しを明かしている。

 デルタ株の猛威でブレイクスルー感染が増加したイスラエルでは、8月1日から60歳以上の市民を対象に、3回目のワクチン接種を開始した。
日本も7月末に河野太郎ワクチン担当相が「3回目を多分来年打つことになる」と発言している。ナビタスクリニック理事長の久住英二医師が解説する。
「2回のワクチン接種で基礎的な免疫をつけてからある程度の時間が経過すると、免疫機能の強さを示す『抗体価』が低下します。
そのタイミングで3回目を接種すると、体内で作られた免疫機能が、再び抗原に接することで強化される『ブースト効果』が生じることが科学的に証明されています。
これによって大幅に上昇した抗体価が、長期にわたって維持されます」

 だが3回接種がもたらすのは利点だけではない。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センターの一石英一郎教授が言う。

Author: hadmin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください