仲裁判決は「紙くず」 中国が南シナ海めぐり主張

テレ朝news】 南シナ海における中国の主権の主張を否定した仲裁裁判所の判決から5年にあたり、中国外務省は「紙くずに過ぎない」と述べ、改めて受け入れを拒否しました。

 中国外務省の報道官は12日の会見で「この判決は違法であり、無効であり、紙くずに過ぎない」と判決を認めない姿勢を強調しました。

 そのうえで「中国は判決に基づくどのような主張や行動も受け入れない」と述べました。

続きはこちら

Author: hadmin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください