中共大使が現地人児童30人をカーペット代わりにする(キリバス)

「何もしなければ海に沈む」

キリバス大使、温暖化対策訴え

 海面上昇など気候変動の被害にさらされ、水没の危機が指摘される太平洋の島国キリバス。元大統領のテブロロ・シト国連大使(66)は「このまま何もしなければ、島は海に沈む」と述べ、先進国や中国、インドなど温室効果ガスの主要排出国に対し、気候変動対策の強化や島の護岸工事への支援を訴えた。 (共同通信ニューヨーク支局=山口弦二)
 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は25日、「海洋と雪氷圏に関する特別報告書」を公表し、地球温暖化に伴う海面上昇は、20世紀末ごろと比べ今世紀末に最大1・1メートルに達すると予測。厳しい対策を取って排出を低く抑えた場合でも最大59センチ上昇し、2300年に最大5・4メートル上昇すると分析した。
 海面の高さはこの100年ほどで最大21センチ上昇した。グリーンランドや南極などの氷が解けて上昇のペースが加速しており、高潮や巨大台風による災害リスクが増すと警告した。
 シト氏は「強風に伴う高波が島内部まで押し寄せることが毎月のように起きる。以前より頻度が高い」と指摘。道路などのインフラが被害を受けるほか、押し寄せた海水が地中に浸透し、地下水と混ざって飲めなくなったり、タロイモなどの作物が育たなくなったりしているという。
 「このまま海面が上昇し、何もしなければ、島は海に沈む。一時は島民の海外移住も検討された」とした上で「まだ島を救う時間はある」と強調。海外から巨大な石を運んできて、海岸線に防波壁を建設する工事が進められていると明らかにした。
 島しょ国は「ほとんど温暖化の原因になっていないのに被害を受けやすい」(グテレス国連事務総長)と言われる。シト氏は主要排出国に対し「経済発展に突き進むと、同時にわれわれの島を破壊していることを真剣に考えてほしい」と主張。「島を壊さない方向に進んでほしい。でももしそれが難しいなら、海面上昇より早く島の周囲に壁を築き上げる手伝いをしてほしい」と訴えた。
 また、23日に国連で開かれた気候行動サミットで一躍注目を浴びたスウェーデンの「環境少女」グレタ・トゥンベリさん(16)を念頭に「世界中で温暖化対策を訴え始めた若者たちは、15年もすれば世界の指導者になる。それまで世界を悪くしたくないと思っているのだろう。彼らの声が、大人たちの考え方を変えてくれることを願っている」と語った。

〔即時新聞/綜合報導〕太平洋島國吉里巴斯去年9月份與台灣斷交後,馬上投奔中國懷抱,近期中國大使唐松根今年3月拜會總統兼外交部長馬茂(Taneti Maamau)的照片流出,驚見唐松根踩在當地30多名孩童背上下機。僅管有人緩頰,這是當地部分島嶼的歡迎儀式,不過當地獨立記者表示,過去台灣大使從未獲得這種「禮遇」,澳洲外交官員也說沒有參加過這種儀式,讓網友大酸中國就是這樣把人權踩在腳下。

綜合外媒報導,中國大使唐松根今年3月抵達吉里巴斯,並拜會親中總統馬茂,商討兩國合作事宜,而上週末一張唐松根下機的照片瘋傳,只見唐松根走在一排由當地30個男孩趴在地上、鋪成的「人體地毯」上,另由2名穿著傳統服飾的女性攙扶走過,震驚各國網友。

雖有當地官員解釋,該儀式在馬拉基島(Marakei)的婚禮上很常見,通常是由男方的家族人士趴在地上讓女方家人走過,表示歡迎他們加入這個家族,有崇高的歡迎之意,是當地特有文化。不過,當地的獨立記者里蒙(Rim Rimon)說,過去台灣大使也曾拜訪過同一島嶼,但從未見過台灣大使獲得如此「禮遇」,又說當地部分居民對此感到氣憤、沮喪與尷尬。

此事也驚動國外政要,澳洲太平洋辦公室負責人表示從未參加過類似的儀式,前駐巴布亞新幾內亞外交官夏瑪(Dave Sharma)也說若有任何澳洲外交官接受這樣的儀式,他會感到非常震驚;美國駐吉里巴斯軍官帕納約托(Constantine Panayiotou)也說,「我根本無法想像,任何國家的大使可以接受從孩子們(或大人)背上走過去」,狠酸感謝中國大使讓他大開眼界。

對此網友紛紛表示,不敢相信吉里巴斯為迎接新任他國大使,就讓自己國家的孩童被人踩在腳下,諷刺的是他們的國歌「Teirake Kaini Kiribati」竟是指「站起來吧,吉里巴斯」,又酸這張照片顯示中國就是這樣把人權踩在腳下。

Related posts

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください