習いたてのひらがなで「もっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください」必死の願い届かず、5歳の女の子が虐待死

なんと言えばいいのだろう。朝の電車でこの記事を読み、女の子が書いたという手紙を読んだとき、涙と鼻水が止まらなくなった。
どんなひどい体罰をしたら、5歳の子が、ここまで必死に命乞いをするような手紙を書くのだろうか。

ママとパパにいわれなくってもしっかりとじぶんからもっともっときょうよりかあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおす
これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだから やめるから もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします」

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180606-OYT1T50067.html

 東京都目黒区で今年3月、虐待を受けた女児(当時5歳)が死亡した事件で、警視庁は6日、父親で無職の船戸雄大被告(33)(傷害罪で起訴)と、母親の優里容疑者(25)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

 直接の死因は暴行によるものではなかったが、衰弱させて放置したことで死亡したと判断した。女児はネグレクト(育児放棄)も受け、ノートには謝罪の言葉が並んでいたという。

 発表によると、両親は今年1月下旬以降、長女の結愛ゆあちゃんに十分な食事を与えず、2月下旬には船戸被告から暴力を受けた結愛ちゃんが極度に衰弱し、嘔吐おうとするなどしたのに病院に連れて行かずに放置した疑い。結愛ちゃんは3月2日に死亡。死因は、低栄養状態や免疫力低下で引き起こされた肺炎による敗血症だった。

部屋からは、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」などと結愛ちゃんが書いたノートが見つかっていた。

 

なおし@uchida22antlers

自民党による児童虐待防止法に当初含まれる予定だった
•児童相談所の強制執行措置
•児童虐待防止法の警察立ち入り
キモであるこれらを民主党が猛反対し見送られた
民主党は憲法違反、警察官の権限が拡大することを懸念と大騒ぎ
失った命はどれくらいあるだろう
5歳女児虐待のニュースに心が痛む

3:35 – 2018年6月6日

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です